おすすめレシピ 18

納豆昆布と白菜の即席漬け


納豆昆布と白菜の即席漬け 簡単おいしい!納豆昆布と白菜の即席漬け!

水を加えて混ぜるだけ 納豆のような粘りと昆布の旨味!

北海道道南産のねばり成分が多い「がごめ昆布」を醸造酢に漬けて刻みました。
お酢以外に味付けや添加物は一切使用しておりません。

◆「納豆昆布と白菜の即席漬け」には、こちらの商品がオススメです。
北海道産がごめ昆布100%使用 納豆昆布 30g
北海道産がごめ昆布100%使用 納豆昆布 30g

材料
 納豆昆布 10g
 白菜 500g
 塩 小さじ2
 酢 大さじ1
 赤唐辛子 2本
作り方
1. 白菜は繊維に垂直に1cm幅に切る。大きめのビニール袋に塩と酢、切った白菜を入れて全体にからめるように混ぜる。

2. 納豆昆布と赤唐辛子を輪切りにして入れ、混ぜる。

3. 空気をしっかり抜いて冷蔵庫で一晩漬ける。



わかめの天ぷら


わかめの天ぷら わかめで天ぷらを作ろう!

生わかめには、日本人に不足がちなビタミンAが含まれています。ビタミンAは肺ガン予防とも関係が深いと言われています。
また「生わかめ」にはビタミンCも含まれていたり、血中のコレステロール値を下げます。
わかめの「芽株」はガンに効くといわれています。


材料
 わかめ 50g
 天ぷら粉 適量
 揚げ油 適量
 塩 適量
作り方
1. わかめは少し固めに水で戻して、まな板の上で重ね、まな板を斜めにして10分置いて水気を切る。重ねたまま3~4cm角に切る。

2. 水溶きした天ぷら粉を付けて180℃に熱した油で揚げる。

3. 器に盛って塩をふる。



ひじき入りポテトサラダ


ひじき入りポテトサラダ 簡単おいしい!ひじき入りポテトサラダ!

ひじきには、カルシウム、カリウムや特に鉄分が多く、貧血気味の方にいつも食べてほしい健康食品です。

◆「ひじき入りポテトサラダ」には、こちらの商品がオススメです。
長ひじき 45g
長ひじき 40g
材料
 長ひじき 10g
 じゃがいも 2個
 きゅうり 1/2本
 塩・こしょう 少々
 ごま油 小さじ1.5
 マヨネーズ 大さじ2〜3
 〈合わせ調味料〉
 酒 小さじ1.5
 みりん 小さじ1.5
 しょうゆ 小さじ2
作り方
1. 鍋にひじきとかぶるぐらいの水を入れて火にかけ、沸騰したら1分茹でてざるにあけ食べやすい長さに切る。

2. きゅうりは輪切りにして塩(分量外)でもみ、しんなりしたら水気を絞る。

3. じゃがいもを茹でて熱いうちにフォークなどでつぶし、塩・こしょうをふる。

4. フライパンにごま油を熱してひじきを炒め、合わせ調味料を加えて汁気がなくなるまで炒める。

5. 2、3、4を混ぜ合わせ、マヨネーズを加えて和える。



ひじきと大豆の煮物


ひじきと大豆の煮物 簡単おいしい!ひじきと大豆の煮物!

ひじきには、カルシウム、カリウムや特に鉄分が多く、貧血気味の方にいつも食べてほしい健康食品です。

◆「ひじきと大豆の煮物」には、こちらの商品がオススメです。
長ひじき 45g
長ひじき 40g
材料
 ひじき 15g
 水煮大豆 1缶(80〜90g)
 にんじん 5cm
 油揚げ 1/2枚
 こんにゃく 1/2枚
 だし汁 120ml
 酒 小さじ2
 砂糖 大さじ2
 しょうゆ 大さじ2
 ごま油 大さじ1/2
作り方
1. 鍋にひじきとかぶるぐらいの水を入れて火にかけ、沸騰したら1分茹でてざるにあけ食べやすい長さに切る。

2. にんじんは千切り、油揚げは熱湯をくぐらせて細切りにする。こんにゃくは油揚げと同じくらいの大きさに切る。

3. 鍋にごま油を熱して、ひじき、大豆、にんじん、油揚げ、こんにゃくを入れて炒める。

4. 全体に油が回ったら酒、砂糖、しょうゆ、だし汁を加え、煮汁がなくなるまで煮る。



けんざんと豆腐の中華風サラダ


けんざんと豆腐の中華風サラダ けんざんと豆腐でおいしい中華風サラダ!

三陸の茎わかめをより食べやすく細く割いた、使い勝手の良い一品。 サラダ、炒めもの、麺類の具などにおすすめです。


◆「けんざんと豆腐の中華風サラダ」には、こちらの商品がオススメです。
けんざん 350g
けんざん 350g
材料
 けんざん  50g
 豆腐  1丁
 トマト  1個
 ポン酢  大さじ4
 ごま油  大さじ1
作り方
1. けんざんを水で戻してざるにあげ、水気を切る。

2. トマトと豆腐を同じくらいの大きさの角切りにする。

3. けんざん、トマト、豆腐をポン酢とごま油で和え、お好みで白ごまを散らす。


長いもとふのりのふわふわ焼


長いもとふのりのふわふわ焼 簡単おいしい!長いもとふのりのふわふわ焼!

北海道・えりも産の、一月、二月の一番厳寒の海で波打ち際の岩に生えているふのりを手摘みしました。 この時期が最高の品質です。
ふのりには、余分なコレステロールを体外に排出し、胆石を下ろす働きがあります。 これは「フノラン」という成分によるもので、熱を加えるとより効果的です。
味噌汁やお吸物でお召し上がりください。

材料
(2人分)
 長いも 250g
 ふのり 3g
 卵 1個
 だしの素 小さじ1
 しょうゆ 小さじ1.5
 小麦粉 大さじ1.5
 サラダ油 適量
作り方
1. 長いもの皮をむいてすりおろす。ふのりは水で戻して水を切り、すりおろした長いもに加える。

2. 卵、だしの素、しょうゆ、小麦粉を順に1.に加えて混ぜ合わせる。

3. フライパンに油を熱し、2.を入れて弱火で両面焼き色が付くまで焼く。

4. 食べやすい大きさに切って器に盛る。



わかめとキノコのスープ


わかめとキノコのスープ 簡単おいしい!わかめとキノコのスープ!

生わかめには、日本人に不足がちなビタミンAが含まれています。ビタミンAは肺ガン予防とも関係が深いと言われています。
また「生わかめ」にはビタミンCも含まれていたり、血中のコレステロール値を下げます。
わかめの「芽株」はガンに効くといわれています。



▼ 調理の様子をこちらでご覧いただけます ▼


材料
(2人分)
 わかめ(戻したもの) 40g
 玉ねぎ 1/2個
 しめじ 1/3袋(30g)
 白だし 大さじ3
 水 600ml
 おろし生姜 小さじ1/3
 おろしにんにく 小さじ1/4
 しょうゆ 大さじ1
 卵 1個
作り方
1. わかめはひと口大に切り、玉ねぎは薄切り、しめじはいしづきを取ってほぐす。

2. 鍋に水を入れて火にかけ、玉ねぎ、しめじを入れて火が通ったらわかめを加える。

3. 白だし、おろし生姜、おろしにんにく、しょうゆを入れ、溶き卵を回し入れる。



茎わかめと野菜のピクルス


茎わかめと野菜のピクルス 簡単おいしい!茎わかめと野菜のピクルス!

独特の歯ざわりと風味が人気の三陸海岸の茎わかめ。単品でも、和え物、炒め物でも美味しさを発揮します。


◆「茎わかめと野菜のピクルス」には、こちらの商品がオススメです。
茎わかめ 350g
茎わかめ 350g
材料
 茎わかめ 50g
 パプリカ 1個
 大根 5cm
 鷹の爪 2本
 酢 大さじ6
 水 90cc
 砂糖 大さじ4
 塩 小さじ2
作り方
1. 茎わかめは戻してざるにあげ、水気をよく切る。鷹の爪は種を取って輪切りにする。

2. 鍋に酢、水、砂糖、塩を入れてひと煮たちさせて冷ましておく。

3. パプリカと大根を茎わかめと同じくらいの長さの短冊切りにする。

4. 蓋つきの入れ物に1.〜3.すべて入れて蓋をし、冷蔵庫で30分ほど漬ける。



鮭わかめごはん


鮭わかめごはん 簡単おいしい!鮭わかめごはん

生わかめには、日本人に不足がちなビタミンAが含まれています。ビタミンAは肺ガン予防とも関係が深いと言われています。
また「生わかめ」にはビタミンCも含まれていたり、血中のコレステロール値を下げます。
わかめの「芽株」はガンに効くといわれています。



材料
(4人分)
 米 2合
 塩鮭 1切れ
 わかめ(戻したもの) 50g
 いりごま 大さじ1
【A】
 みりん 小さじ1
 しょうゆ 小さじ1
 塩 小さじ1/2
 ごま油 小さじ1
 昆布 1枚(3cm)
作り方
1. お米は研いで炊飯器に入れ、分量通り水を加える。Aを入れて混ぜ、昆布と塩鮭を上にのせて炊く。

2. 炊きあがったら昆布と鮭を取り出し、皮と骨を取ってほぐす。

3. 炊飯器に2.と食べやすい大きさに刻んだわかめ、いりごまを加えて混ぜる。味を見て塩(分量外)を加える。



長ひじきとひき肉のみそ炒め


長ひじきとひき肉のみそ炒め 簡単おいしい!長ひじきとひき肉のみそ炒め!

ひじきには、カルシウム、カリウムや特に鉄分が多く、貧血気味の方にいつも食べてほしい健康食品です。

◆「長ひじきとひき肉のみそ炒め」には、こちらの商品がオススメです。
長ひじき 45g
長ひじき 40g
材料
(2人分)
 長ひじき 15g
 豚ひき肉 100g
 エノキ 1袋(100g)
 塩・こしょう 少々
【A】
 だし汁 50ml
 みそ 大さじ1
 砂糖 小さじ1/2
 片栗粉 小さじ1
 刻みねぎ 大さじ2〜3
 サラダ油 大さじ1
作り方
1. 長ひじきは水で戻して食べやすい長さに切る。エノキは3等分に切り根元をほぐす。

2. フライパンにサラダ油を熱して豚ひき肉を炒め、色が変わったら塩こしょうを振る。長ひじき、エノキを加えて炒め、Aを加えて水気がなくなるまで煮る。

3. 片栗粉を小さじ2の水で溶き、2.に加えて混ぜ合わせる。刻みねぎを合わせて混ぜ、器に盛る。



コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ