おすすめレシピ B-2

めかぶ入りネバネバ蕎麦


めかぶ入りネバネバ蕎麦 簡単おいしい!ネバネバ蕎麦!

芽かぶは栄養の宝庫です。血液中のコレステロールを減らし、成人病を防ぐと言われているアルギン酸、抗ガン作用があると言われて注目を浴び続けているフコイダンなどが含まれています。


◆「めかぶ入りネバネバ蕎麦」には、こちらの商品がオススメです。
冷凍生めかぶ
冷凍生めかぶ【85g×4ヶ入り たれ12cc×4ヶ入り】
材料
(2人分)
 そば 160g
 生めかぶ 1パック
 オクラ 8本
 なめこ 80g
 納豆 50g
 卵黄 1個
 刻みのり 適宜
 【たれ】
 めんつゆ(濃縮タイプ) 大さじ3
 おろししょうが 小さじ1/2
 からし 小さじ1/2
作り方
1. オクラは茹でて小口切りにする。

2. なめこはさっと湯通しする。

3. そばはたっぷりのお湯でゆで、ざるにとって水を切る。

4. ボウルにたれの材料を合わせ、そば、なめこ、めかぶ、納豆と混ぜ合わせる。

5. 皿に盛り、上にオクラをのせてその中央に卵黄を落とし、刻みのりをふる。

お好みですりおろした長いもを入れても美味しく召し上がれます。


わかめと卵の炒め物


わかめと卵の炒め物 わかめで卵の炒め物!

生わかめには、日本人に不足がちなビタミンAが含まれています。ビタミンAは肺ガン予防とも関係が深いと言われています。
また「生わかめ」にはビタミンCも含まれていたり、血中のコレステロール値を下げます。
わかめの「芽株」はガンに効くといわれています。


材料
(4人分)
 わかめ 100g
 卵 2個
 ちりめんじゃこ 30g
 ごま油 少々
 塩 少々
作り方
1. わかめを戻して水を切っておく。

2. フライパンにごま油を熱し、わかめを炒める。

3. ちりめんじゃこを入れてて炒め、溶いた卵を加えて塩で味をつける。


けんざんとちくわのマヨごま和え


けんざんとちくわのマヨごま和え 簡単おいしい!マヨごま和え!

三陸の茎わかめをより食べやすく細く割いた、使い勝手の良い一品。 サラダ、炒めもの、麺類の具などにおすすめです。


◆「けんざんとちくわのマヨごま和え」には、こちらの商品がオススメです。
けんざん 402g
けんざん 350g
材料
(4人分)
 けんざん  100g
 ちくわ  4本
 マヨネーズ  大さじ3
 白ごま  大さじ3
 しょう油  大さじ1
 砂糖  小さじ2
 だしの素  小さじ2
 水  大さじ1
 七味唐辛子  適量
作り方
1. けんざんは水で戻して水気を切る。

2. ちくわは縦半分に切ってから斜めにスライスする。

3. ごまを軽くすり、マヨネーズ、しょう油、砂糖、だしの素、水を加えてよく混ぜ合わせる。

4. けんざん、ちくわを入れて和える。お好みで七味唐辛子をふる。


きざみ昆布のチャプチェ


きざみ昆布のチャプチェ きざみ昆布でチャプチェ!

早採りの柔らかい昆布を、独自の技術でそうめん状に加工しました。
麺類の食感と海藻としての味わいを主張しています。
そば、うどん、ソーメンなどに添えて麺つゆでお召し上がりください。
鍋や味噌汁にも人気があります。


◆「きざみ昆布のチャプチェ」には、こちらの商品がオススメです。
きざみ昆布 350g
きざみ昆布 350g

材料
(4人分)
 春雨 50g
 きざみ昆布 50g
 牛肉 50g
 しいたけ 2~3個
 にんじん 20g
 パプリカ 1個
 玉ねぎ 1/2個
 焼き肉のたれ 適宜
 【たれ】
 しょう油 大さじ2
 砂糖 大さじ1
 ごま油 小さじ1
 ねぎみじん切り 大さじ1
 にんにくすりおろし 1片
 コショウ、うまみ調味料 各少々
作り方
1. 牛肉は細切りにして焼き肉のたれに漬け、しばらく置く。

2. きざみ昆布を戻してざるで水気を切る。春雨は茹でて適当な長さに切る。

3. にんじん、しいたけ、玉ねぎを細切りにしてフライパンで炒め、塩少々をふる。

4. たれに漬けていた牛肉を炒める。

5. フライパンに春雨を入れ、きざみ昆布、炒めた野菜、牛肉と合わせて加熱する。

6. たれの材料を合わせ、味を見ながら少しずつ加える。最後に塩で味を調える。


ピーマンのピリ辛昆布


ピーマンのピリ辛昆布 簡単おいしい!ピリ辛昆布!

早採りの柔らかい昆布を、独自の技術でそうめん状に加工しました。
麺類の食感と海藻としての味わいを主張しています。
そば、うどん、ソーメンなどに添えて麺つゆでお召し上がりください。
鍋や味噌汁にも人気があります。


◆「ピーマンのピリ辛昆布」には、こちらの商品がオススメです。
きざみ昆布 350g
きざみ昆布 350g
材料
(4人分)
 きざみ昆布  50g
 豚バラ肉  100g
 ピーマン  5個
 唐辛子  1~2本
 しょう油  大さじ
 5~6
 みりん  少々
 砂糖  大さじ3
 サラダ油  適量
作り方
1. きざみ昆布は水で戻し、食べやすい長さに切る。

2. 豚肉とピーマン(種を取る)を細切りにする。

3. 熱したフライパンにサラダ油をひき、強火で豚肉と昆布を炒める。

4. 豚肉の色が変わったら、ピーマンと調味料を入れ、中火で炒める。

5. ピーマンに火が通ったら火を止め輪切りの唐辛子を散らす。


黒地のり雑炊


黒地のり雑炊 簡単おいしい!黒地のり雑炊!

ノンカロリーでミネラル豊富!
新陳代謝の促進、老化防止、美肌保持、疲労回復、むくみ改善などに役立つと言われています。
材料
(4人分)
 黒地のり  18g
 だし汁  4カップ
 ご飯  500g
 しょう油  大さじ2
 みりん  小さじ1
 塩  小さじ1
 いくら  小さじ2
 せり(三つ葉)  適量
作り方
1. 鍋にだし汁、酒、しょう油、みりん、塩を入れて火にかける。

2. 沸騰したらご飯を入れ、ひと煮立ちしたら黒地のりを加えて混ぜる。

3. 器に盛り、いくらとせりをのせる。お好みでわさびを添える。

いくらの代わりに梅干しや鮭でも美味しく召し上がれます。


海藻サラダ巻き


海藻サラダの味噌ソース添え 簡単おいしい!海藻サラダ巻き!

わかめ、とさかのり、茎わかめ、昆布、赤のりなど、色とりどりの6種類の海藻が入っています。
毎日の食卓に野菜、魚介類とともに和・洋・中華サラダに使えるヘルシーな食材です。


◆「海藻サラダ巻き」には、こちらの商品がオススメです。
海藻サラダ 200g
●海藻サラダ 200g
●海藻サラダ 350g
材料
2人分
 海藻サラダ  50g
 ライスペーパー   4枚
 にんじん  1/2本
 しそ  8枚
 白みそ
大さじ1と1/2
 酢  大さじ1
 砂糖  大さじ1/2
 塩  少々
 からし  適量
作り方
1. 海藻サラダを戻してざるにあげ水を切る。

2. にんじんは千切りにしてゆで、キッチンペーパーで水気をとる。

3. 耐熱容器に酢、砂糖、塩を入れ、レンジで30秒加熱する。白みそ、からしを入れて混ぜ、海藻サラダと和える。

4. ライスペーパーをぬるま湯にくぐらせまな板にのせて1分おく。

5. 4.にしそ、にんじん、海藻サラダの順にのせて手前から巻き、半分に切る。


ひじきの混ぜご飯


長ひじきのマリネ ひじきで混ぜご飯!

ひじきには、カルシウム、カリウムや特に鉄分が多く、貧血気味の方にいつも食べてほしい健康食品です。

◆「ひじきの混ぜご飯」には、こちらの商品がオススメです。
長ひじき 40g
長ひじき 40g
材料
(4人分)
 長ひじき  20g
 油揚げ  1/2枚
 にんじん  30g
 【煮汁】
 だし汁  1/2カップ
 しょう油  大さじ4
 砂糖  大さじ2
 みりん  大さじ2
 卵  2個
 ごはん  茶碗4杯分
 紅しょうが  少々
 サラダ油  大さじ1
 塩、こしょう、酒、砂糖  各少々
作り方
1. ひじきは水で戻して食べやすい大きさに切る。

2. 油揚げは湯通しして細切りにする。にんじんは千切りにする。

3. 鍋に煮汁を煮立て、ひじき、にんじん、油揚げを加える。ときどき混ぜながら、汁気がなくなるまで煮含める。

4. 卵をとき、塩、こしょう、酒、砂糖各少々を加えて調味したら、サラダ油をフライパンに入れて炒り卵を作る。

5. ボールにご飯と3.を入れて混ぜ合わせ、器に盛ったら、炒り卵を散らし、紅しょうがを添える。



茎わかめのペペロンチーノ


茎わかめのペペロンチーノ 茎わかめでペペロンチーノ!

独特の歯ざわりと風味が人気の三陸海岸の茎わかめ。単品でも、和え物、炒め物でも美味しさを発揮します。


◆「茎わかめのペペロンチーノ」には、こちらの商品がオススメです。
茎わかめ 350g
茎わかめ 350g
材料
(2人分)
 茎わかめ(塩蔵)  80g
 ペンネ  80g
 バジル  5枚
 にんにく(スライス)  1/2片分
 唐辛子(輪切り)  1/2本分
 オリーブオイル  大さじ1
 塩  適量
 コショウ  適量
作り方
1. 茎わかめは水で戻してざるにあけ、水気を切っておく。

2. ペンネは塩を入れたお湯でゆでて、ざるにあけ、水気を切る。ゆで汁は少し残しておく。

3. フライパンにオリーブオイルとにんにく、唐辛子を入れて熱し、茎わかめを入れて炒め、塩コショウで味を調える。

4. 3にペンネとペンネのゆで汁大さじ2くらいを入れ、バジルの葉をちぎって散らす。


わかめ入りトルティーヤ


カリカリベーコンとわかめのチャーハン 簡単おいしい!わかめ入りトルティーヤ!

生わかめには、日本人に不足がちなビタミンAが含まれています。ビタミンAは肺ガン予防とも関係が深いと言われています。
また「生わかめ」にはビタミンCも含まれていたり、血中のコレステロール値を下げます。
わかめの「芽株」はガンに効くといわれています。


材料
(2人分)
 わかめ(塩蔵) 10g
 卵 3個
 じゃがいも 1個
 玉ねぎ 1/2個
 牛乳 大さじ1
 にんにく 1/2片
 オリーブオイル 大さじ1
 塩 適量
 コショウ 適量
作り方
1. わかめは水で戻しひと口大に切る。

2. じゃがいもは皮をむいてスライスする。

3. フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて火にかけ、香りがたったらじゃがいもを入れて炒め、じゃがいもに火が通ったら玉ねぎを加えてさらに炒め、塩、コショウで味を調える。
4. 溶き卵に牛乳とわかめを入れて混ぜ、3のフライパンに回し入れる。

5. 蓋をして、5分くらい焼き、ひっくり返してさらに5分くらい焼く。


納豆昆布とオクラの松前漬け風


納豆昆布とオクラの松前漬け風 簡単おいしい!納豆昆布とオクラの松前漬け風!

水を加えて混ぜるだけ 納豆のような粘りと昆布の旨味!

北海道道南産のねばり成分が多い「がごめ昆布」を醸造酢に漬けて刻みました。
お酢以外に味付けや添加物は一切使用しておりません。

◆「納豆昆布とオクラの松前漬け風」には、こちらの商品がオススメです。
北海道産がごめ昆布100%使用 納豆昆布 30g
北海道産がごめ昆布100%使用 納豆昆布 30g

材料
(2人分)
 オクラ 10本
 納豆昆布 20g
 しょう油 大さじ2
 みりん 大さじ2
 唐辛子 2本
作り方
1. オクラはさっとゆでて縦に細切りにする。

2. 乾燥納豆昆布は洗って30秒ほどゆで、水を切る。

3. ボウルにしょう油、みりん、小口切りした唐辛子を入れ1.、2.を加えて混ぜ合わせる。
30分以上おいて味をなじませる。


昆布のキッシュ


昆布のキッシュ きざみ昆布で昆布のキッシュ!

早採りの柔らかい昆布を、独自の技術でそうめん状に加工しました。
麺類の食感と海藻としての味わいを主張しています。
そば、うどん、ソーメンなどに添えて麺つゆでお召し上がりください。
鍋や味噌汁にも人気があります。


◆「昆布のキッシュ」には、こちらの商品がオススメです。
きざみ昆布 350g
きざみ昆布 350g

材料
(4人分)
 きざみ昆布 50g
 冷凍パイシート 100g
 ベーコン 2枚
 玉ねぎ 1/2個
 バター 10g
 アサリ(むき身) 50g
 ホールコーン カップ1/3
 塩、コショウ 各少々
 卵 3個
 【A】
 生クリーム カップ2/3
 牛乳 カップ1/3
 固形スープの素 1個
 塩、コショウ、ナツメグ 各少々
 ピザ用チーズ 80g
作り方
1. きざみ昆布は水で戻して食べやすい長さに切る。

2. パイシートは軽く解凍し、耐熱容器にきっちり敷き詰めて冷蔵庫で冷やしておく。

3. ベーコンと玉ねぎは千切りにし、フライパンにバターを熱してアサリ、コーンとともに炒める。
火が通ったら塩、コショウで味を調え、冷ましておく。

4. ボウルに卵を溶きほぐしてA、1.、3.と細かく刻んだチーズを加えて混ぜる。
2.に流し入れ、200度くらいのオーブンで25~30分ほど焼き、適当な大きさに切る。


ふのりと長いものごま酢和え


ふのりと長いものごま酢和え 簡単おいしい!ふのりと長いものごま酢和え!

北海道・えりも産の、一月、二月の一番厳寒の海で波打ち際の岩に生えているふのりを手摘みしました。 この時期が最高の品質です。
ふのりには、余分なコレステロールを体外に排出し、胆石を下ろす働きがあります。 これは「フノラン」という成分によるもので、熱を加えるとより効果的です。
味噌汁やお吸物でお召し上がりください。

材料
(4人分)
 長いも 15cm
 オクラ 5~6本
 ふのり 5g
 【ごま酢】
 酢 大さじ2
 塩 少々
 砂糖 大さじ2
 しょう油 大さじ1
 すりごま 大さじ4
作り方
1. ふのりを水で戻し、さっと湯通しする。

2. オクラを軽く塩もみして茹でて輪切りにする。

3. 長いもを千切りにして薄めたお酢をかける。

4. 1.、2.、3.とゴマ酢を和える。


おきな揚げ


おきな揚げ 真昆布おぼろでおきな揚げ!

函館真昆布を一枚一枚丹念に職人が薄く削り上げました。
真昆布本来の旨さを追求した産地ならではの「おぼろ昆布」です。
醸造酢以外の調味料、保存料は使用しておりません。


材料
(4人分)
 豚ひれ肉 300g
 揚げ油 適量
 【A】
 しょう油 大さじ1
 酒 大さじ1
 真昆布おぼろ 25g
 【衣】
 卵 1個
 小麦粉 1カップ
 水 1カップ
作り方
1. 豚肉は3、4cmの棒状に切り、Aに5、6分漬けておく。

2. 1.に真昆布おぼろを巻く。

3. 衣を作る。ボウルに卵を溶きほぐし、水と小麦粉を加えて軽く混ぜる。

4. 2.に3.を絡め、180度の油でカラッと揚げる。

お好みでレモンやカレー塩、昆布茶を添えてお召し上がりください。


◆おきな揚げには、こちらの商品がオススメです。
真昆布おぼろ 20g
真昆布おぼろ 20g


コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ