おすすめレシピ B-4

わかめと蛇腹きゅうりの酢の物


わかめと蛇腹きゅうりの酢の物 簡単おいしい!わかめと蛇腹きゅうりの酢の物!

生わかめには、日本人に不足がちなビタミンAが含まれています。ビタミンAは肺ガン予防とも関係が深いと言われています。
また「生わかめ」にはビタミンCも含まれていたり、血中のコレステロール値を下げます。
わかめの「芽株」はガンに効くといわれています。



材料
(4人分)
 わかめ 20g
 きゅうり 2本
 ゆでだこ 50g
 酢 大さじ1.5
 薄口しょうゆ 大さじ1
 だし汁 大さじ1.5
 砂糖 小さじ1.5
作り方
1. きゅうりは板ずりして蛇腹切りにし、軽く塩でもんでおく。

2. ゆでだこはひと口大に切り、わかめは戻して水を切り、食べやすい大きさに切る。

3. ボウルに塩、薄口しょうゆ、だし汁、砂糖を入れてよく混ぜる。

4. よく水気を絞り、ひと口大に切ったきゅうり、たこ、わかめと3.を混ぜ合わせる。


焙煎昆布とかぼちゃのサラダ


焙煎昆布とかぼちゃのサラダ 焙煎昆布とかぼちゃでサラダ!

函館・南かやべ産の昆布を、味付けや添加物を使用せずに、特殊な方法で焼き上げました。
そのままパリパリと召し上がる他、だし昆布として、様々なお料理にご利用いただけます。

◆「焙煎昆布とかぼちゃのサラダ」には、こちらの商品がオススメです。
焙煎昆布 30g
焙煎昆布 30g

材料
(4人分)
 焙煎昆布 30g
 かぼちゃ 200g
 しめじ 1パック
 揚げ油 適量
 【A】
 玉ねぎ(みじん切り) 1/6個
 にんにく(みじん切り) 1片
 酢 大さじ2
 しょうゆ 小さじ1/2
 塩、こしょう 各少々
 サラダ油  大さじ6
作り方
1. かぼちゃは薄切り、しめじは石づきを取って小房に分ける。

2. かぼちゃ、しめじ、焙煎昆布を170度に熱した油で素揚げする。

3. ボウルにAを入れ、サラダ油を少しずつ加えながら混ぜてソースを作る。

4. 2.を入れて和え、器に盛る。


わかめと海老の東南アジア風チャンプルー


わかめと海老の東南アジア風チャンプルー わかめとエビのチャンプルー!

生わかめには、日本人に不足がちなビタミンAが含まれています。ビタミンAは肺ガン予防とも関係が深いと言われています。
また「生わかめ」にはビタミンCも含まれていたり、血中のコレステロール値を下げます。
わかめの「芽株」はガンに効くといわれています。



材料
(4人分)
 わかめ 20~30g
 豆腐 1丁
 卵 2個
 海老 12匹
 酒・片栗粉・塩・こしょう 各少々
 しょうゆ 大さじ1強
 スウィートチリソース 大さじ2
 サラダ油 大さじ1
 ピーナッツ 5~6粒
作り方
1. 海老は殻をむいて背ワタを取り除き、酒少々と片栗粉をまぶしておく。

2. 卵は溶きほぐし、軽く塩、こしょうをふる。豆腐は水切りして適当な大きさにちぎる。

3. わかめは水で戻し、食べやすい大きさに切る。

4. フライパンにサラダ油を熱し、海老を入れて炒め、豆腐を入れてさらに炒め、全体に火が通ったらわかめを入れる。

5. しょうゆとスウィートチリソースを入れてざっくり混ぜる。

6. 炒めた具を端に寄せ、余白に卵を流し込んで、スクランブルエッグを作る。

7. 器に盛り付け、砕いたピーナッツをのせ、お好みでカットしたレモンを添える。


ふのりとみょうがの酢の物


ふのりとみょうがの酢の物 簡単おいしい!ふのりとみょうがの酢の物!

北海道・えりも産の、一月、二月の一番厳寒の海で波打ち際の岩に生えているふのりを手摘みしました。 この時期が最高の品質です。
ふのりには、余分なコレステロールを体外に排出し、胆石を下ろす働きがあります。 これは「フノラン」という成分によるもので、熱を加えるとより効果的です。
味噌汁やお吸物でお召し上がりください。

材料
(2人分)
 ふのり 5g
 きゅうり 1本
 みょうが 1本
 しらす 大さじ1
 塩 少々
 酢 大さじ1
 砂糖 少々
作り方
1. ふのりは水で10分戻して水気を切る。

2. きゅうりは薄切りにして塩をひとつまみ加え、軽くもむ。5分置いて水気をしぼる。

3. 鍋にお湯を沸かし、みょうがをさっと茹でて冷水に取り、細切りにする。

4. ボウルに1、2、3を合わせ、酢、砂糖で味を調える。


長ひじきのきんぴら


長ひじきのきんぴら 長ひじきできんぴら!

ひじきには、カルシウム、カリウムや特に鉄分が多く、貧血気味の方にいつも食べてほしい健康食品です。

◆「長ひじきのきんぴら」には、こちらの商品がオススメです。
長ひじき 40g
長ひじき 40g
材料
(4人分)
 長ひじき  10g
 にんじん  1/3本
 ごぼう  1本
 しいたけ  3個
 こんにゃく(細切り)  150g
 サラダ油  大さじ
 1~2
 しょうが(千切り)  1片
 唐辛子(輪切り)  適宜
 砂糖  大さじ2
 酒  大さじ1
 しょうゆ  大さじ3
作り方
1. ひじきは戻して水気を切り、食べやすい長さに切る。にんじんは細切りに、しいたけは石突を取って薄切りにする。
ごぼうはささがきにして水でさっと洗う。こんにゃくは茹でて水気を切る。

2. フライパンにサラダ油としょうがを熱し、にんじん、ごぼう、唐辛子を入れて炒める。

3. 2.にひじき、しいたけ、こんにゃくを入れ、砂糖を加えて全体を炒め、酒、しょうゆ、を入れ水分を飛ばすように炒める。


きざみ昆布と豚ばらの炒め物


きざみ昆布と豚ばらの炒め物 簡単おいしい!きざみ昆布で炒め物!

早採りの柔らかい昆布を、独自の技術でそうめん状に加工しました。
麺類の食感と海藻としての味わいを主張しています。
そば、うどん、ソーメンなどに添えて麺つゆでお召し上がりください。
鍋や味噌汁にも人気があります。


◆「きざみ昆布と豚ばらの炒め物」には、こちらの商品がオススメです。
きざみ昆布 350g
きざみ昆布 350g
材料
(4人分)
 きざみ昆布  120g
 豚ばら肉  150g
 サラダ油  大さじ1/2
 砂糖  大さじ1
 しょうゆ  大さじ
 1~2
 塩  少々
作り方
1. きざみ昆布は戻して水を切り、食べやすい長さに切る。豚ばら肉は1cmに切る。

2. フライパンにサラダ油を熱し、豚ばら肉を炒め、色が変わったらきざみ昆布を入れて全体を炒める。

3. 2.に砂糖を入れて混ぜ、酒、しょうゆを入れて、水分を飛ばすように炒める。


納豆とわかめの卵焼き


納豆とわかめの卵焼き 簡単おいしい!納豆とわかめの卵焼き!

生わかめには、日本人に不足がちなビタミンAが含まれています。ビタミンAは肺ガン予防とも関係が深いと言われています。
また「生わかめ」にはビタミンCも含まれていたり、血中のコレステロール値を下げます。
わかめの「芽株」はガンに効くといわれています。


材料
(4人分)
 わかめ 20g
 ひき割り納豆 1パック
 しょうゆ 小さじ1
 卵 2個
 酒 小さじ1
 砂糖 小さじ1/2
 塩 少々
 しょうゆ 小さじ1/2
 サラダ油 大さじ2/3
 大根 適量
 大葉 1枚
作り方
1. わかめは水で戻して小さめのひとくち大に切る。納豆はしょうゆを混ぜておく。

2. ボウルに卵を割り、酒、砂糖、塩、しょうゆと1.を加えて混ぜ合わせる。

3. 卵焼き器に油をひき3回に分けて巻きながら焼く。

4. お皿に大葉を敷き、4等分にした卵焼きをのせてすりおろした大根を添える。


ねぎとろ納豆昆布


ねぎとろ納豆昆布 簡単おいしい!ねぎとろ納豆昆布!

水を加えて混ぜるだけ 納豆のような粘りと昆布の旨味!

北海道道南産のねばり成分が多い「がごめ昆布」を醸造酢に漬けて刻みました。
お酢以外に味付けや添加物は一切使用しておりません。

◆「ねぎとろ納豆昆布」には、こちらの商品がオススメです。
北海道産がごめ昆布100%使用 納豆昆布 30g
北海道産がごめ昆布100%使用 納豆昆布 30g

材料
(4人分)
 納豆昆布 5g
 鮪たたき 150g
 卵 1個
 白ごま 小さじ2
 小ねぎ 2本
 しょうが 1かけ
 ごま油 小さじ2
 砂糖 小さじ1
 豆板醤 小さじ2
 しょうゆ 小さじ2
作り方
1. 納豆昆布を大さじ2の水で戻す。ねぎは小口切りに、しょうがはすりおろす。
2. 材料をすべてボウルに入れよく混ぜ合わせる。


もずくめかぶ&豆腐のさっぱりあんかけ


もずくめかぶ&豆腐のさっぱりあんかけ 簡単おいしい!もずくめかぶ&豆腐のさっぱりあんかけ!

沖縄のもずくと三陸の芽かぶを一つに。健康食品として全国的に人気です。
酢醤油、すだち、レモンとともに。付いている特製のたれですぐいただけます。ちょっとしたおもてなしの時に素敵な器に入れて、カニなどをのせると高級な一品に。

●ポイント
芽かぶは栄養の宝庫です。血液中のコレステロールを減らし、成人病を防ぐと言われているアルギン酸、抗ガン作用があると言われて注目を浴び続けているフコイダンなどが含まれています。


◆「もずくめかぶ&豆腐のさっぱりあんかけ」には、こちらの商品がオススメです。
冷凍もずくめかぶ 【80g×4ヶ入 タレ12cc×4ヶ入】
冷凍もずくめかぶ
80g×4ヶ入り
たれ16cc×4ヶ入り
材料
(2人分)
 もずくめかぶ  1パック
 木綿豆腐  1丁
 三つ葉  適量
 しょうが  1片
 〈あん〉
 だし汁  1/2カップ
 しょうゆ  大さじ2
 酒  大さじ1
 みりん  大さじ1
 片栗粉  大さじ1
作り方
1. 木綿豆腐は半分に切り、レンジで約1分温める。

2. もずくめかぶはざるにあげ、余分な水分を切る。

3. 三つ葉は小口切りにする。しょうがはすりおろして絞っておく。

4. あんの材料を鍋に入れ、火にかけて煮立ったら三つ葉としょうがの汁を加えさっと火を通し、水溶き片栗粉でとろみをつける。

5. 豆腐の上にもずくめかぶをのせ、あんをかける。


けんざんのエスニックサラダ


けんざんのエスニックサラダ 簡単おいしい!けんざんのエスニックサラダ!

茎わかめをさらに細く裂きました。
シャッキリ食感が人気です。
不足しがちな栄養素、ミネラル、
食物繊維、カルシウムなどが豊富に含まれています。

◆「けんざんのエスニックサラダ」には、こちらの商品がオススメです。

けんざん 350g
けんざん 350g

材料
(4人分)
 けんざん 150g
 にんじん 10cm
 紫玉ねぎ 1/4個
 春雨 40g
 〈鶏そぼろ〉
 鶏ひき肉 40g
 塩 少々
 酒 小さじ1/2
 砂糖 ひとつまみ
 ピーナッツ
(粗みじん切り)
大さじ1
 パクチー 適量
 〈合わせ調味料〉
 ナンプラー 大さじ1.5
 レモン汁 大さじ1
 スイートチリソース 大さじ1.5
 砂糖 小さじ1
作り方
1. けんざんは戻してざるで水を切る。

2. にんじんは千切りにし、紫玉ねぎは薄くスライスする。

3. 熱したフライパンに鶏ひき肉を入れ、色が変わったら塩、酒、砂糖を加え、水気が無くなるまで炒める。

4. お湯を沸かし、春雨を茹でる。茹で時間残り20秒前ににんじんとけんざんを加える。

5. 4.をざるに取って流水で粗熱を取り水気を切る。

6. ボウルに合わせ調味料を合わせ、5.と玉ねぎ、鶏そぼろ、ピーナッツを加えて混ぜる。
7. 器に盛りつけ、食べやすい長さに切ったパクチーをのせる。



昆布と豚肉の甘辛煮


昆布と豚肉の甘辛煮 昆布と豚肉で甘辛煮!

昆布の里、北海道道南地方に産する良質の真昆布です。
その味わい風味は昆布の王様と言われています。
昆布の色、厚み、巾、長さが揃った、検査で一等検の品を厳選して袋詰めしました。

◆「昆布と豚肉の甘辛煮」には、こちらの商品がオススメです。

だし昆布 80g
だし昆布 80g

材料
(4人分)
 だし昆布 50g
 水 300ml
 豚ばら肉(ブロック) 200g
 しょうゆ 100ml
 砂糖 大さじ2
 酒 大さじ2
 しょうが(すりおろし) 小さじ1/2
 片栗粉 大さじ1
 三つ葉 適量
作り方
1. 昆布は分量の水に1時間ほどつけて戻す(だし汁は取っておく)。水けを切り、3cm角に切る。

2. 豚肉は3,4cm角に切り、フォークで所々に穴を開ける。

3. 鍋に1.の昆布、だし汁(200ml)と2.を入れ、沸騰するまでアクを取りながら強火で煮る。
残りのだし汁(100ml)を足し、昆布が軟らかくなるまで弱火で煮る。

4. しょうゆと砂糖を加えて味が染み込むまでさらに弱火で煮る。

5. 酒としょうがを入れて軽く火を通し、大さじ1の水で溶いた片栗粉を加え、とろみが付いたら火を止める。

6. 器に盛り付け三つ葉を添える。


ふのりの卵とじ


ふのりの卵とじ ふのりで卵とじ!

北海道・えりも産の、一月、二月の一番厳寒の海で波打ち際の岩に生えているふのりを手摘みしました。 この時期が最高の品質です。
ふのりには、余分なコレステロールを体外に排出し、胆石を下ろす働きがあります。 これは「フノラン」という成分によるもので、熱を加えるとより効果的です。
味噌汁やお吸物でお召し上がりください。

材料
(4人分)
 ふのり 8g
 水菜 1~2株
 卵 2個
 だし汁 100cc
 みりん 大さじ1
 しょうゆ 大さじ1/2
 塩 少々
作り方
1. ふのりは軽く水洗いし、ざるにあげておく。

2. 鍋にだし汁としょうゆ、みりんを入れて煮立て、ふのりを入れる。

3. 5cm位に切った水菜を加え、溶き卵を入れてとじ、塩で味を調える。


豚肉ときざみ昆布の炊き込みご飯


豚肉ときざみ昆布の炊き込みご飯 きざみ昆布で炊き込みご飯!

早採りの柔らかい昆布を、独自の技術でそうめん状に加工しました。
麺類の食感と海藻としての味わいを主張しています。
そば、うどん、ソーメンなどに添えて麺つゆでお召し上がりください。
鍋や味噌汁にも人気があります。


◆「豚肉ときざみ昆布の炊き込みご飯」には、こちらの商品がオススメです。
きざみ昆布 350g
きざみ昆布 350g
材料
(4人分)
 米  2カップ
 水  2カップ
 きざみ昆布  75g
 しょうが  1片
 豚もも薄切り  150g

【A】
 しょうゆ  大さじ2
 みりん  大さじ1

 塩  小さじ1/2
 白ごま  大さじ1/2
作り方
1. 米は炊く30分以上前にといでざるにあげる。

2. 豚肉はひとくち大に切って、Aの半量をからめる。

3. きざみ昆布はざく切りにし、しょうがは千切りにする。

4. 炊飯器に米と水、Aの残りを加えてよく混ぜ、豚肉ときざみ昆布をのせて普通に炊く。

5. 炊き上がったら上下を返すように混ぜ、白ごまを散らす。


長ひじき入り飛竜頭(ひりょうず)


長ひじき入り飛竜頭(ひりょうず) 簡単おいしい!長ひじき入り飛竜頭(ひりょうず)!

ひじきには、カルシウム、カリウムや特に鉄分が多く、貧血気味の方にいつも食べてほしい健康食品です。

◆「長ひじき入り飛竜頭(ひりょうず)」には、こちらの商品がオススメです。
長ひじき 40g
長ひじき 40g
材料
(10個分)
 長ひじき  15g
 木綿豆腐  400g
 にんじん  1/4本
 ごぼう  1/2本
 ぎんなん(缶詰)  10粒
 卵  1個
 長いも  30g
 塩  ひとつまみ
 砂糖  少々
 揚げ油  適量
 しょうが(すりおろす)  1片
 しょうゆ  適量
作り方
1. 豆腐はキッチンペーパーに包み、重しをして2~3時間おき水気を切る。

2. にんじんは2~3cmの千切りに、ごぼうは小さいささがきにする。ひじきは水で戻し、食べやすい長さに切る。ぎんなんは半分に切る。

3. 水気を切った豆腐をすり鉢でよくすり、すりおろした長いもと溶き卵、塩、砂糖、2.を順に加えて混ぜ合わせる。

4. 10等分して丸め、170℃に熱した油できつね色になるまで揚げる。

5. 器に盛りつけ生姜醤油を添える。


コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ