海藻サラダ なっと昆布 1瓶150g 北海道産商品 北海道産商品 おいしいわかめの戻し方 おいしいわかめの戻し方 熨斗

 

光海藻からのお知らせ

◆2018.5.18 新商品のお知らせ  NEW!!
 新商品「特別ギフトセット」のお取り扱いを開始いたしました。
   ○特別ギフトセット
お好きな商品と一緒にご購入いただくと、発送の際、ギフト用の箱に入れてお送りします。


◆2018.5.15 新商品のお知らせ  NEW!!
 新商品「はぼまい昆布ぽんず」のお取り扱いを開始いたしました。
   ○はぼまい昆布ぽんず
北海道産天然一等昆布の入った昆布しょうゆに、ゆず、かぼす、すだちをバランスよくブレンドした、本格的なぽん酢しょうゆです。まろやかな酸味と昆布の風味が料理の味を引き立てます。


◆2018.4.27 更新のお知らせ  NEW!!
今月の販売箇所』を更新しました。
当店人気ランキング』を更新しました。
『おすすめレシピ』を更新しました。

   ○ふのりのサラダ
   ○わかめとチーズの肉巻き
 今月のコラム『5月5日はわかめの日』を更新しました。


◆2018.3.30 新商品のお知らせ  NEW!!
 新商品を販売開始いたしました。
   ○一味海苔 40g


◆2018.3.30 更新のお知らせ  NEW!!
今月の販売箇所』を更新しました。
当店人気ランキング』を更新しました。
『おすすめレシピ』を更新しました。

   ○わかめと水菜のサラダ
   ○わかめの彩りサラダ
 今月のコラム『進学内祝い』を更新しました。


◆2018.2.26 更新のお知らせ  NEW!!
今月の販売箇所』を更新しました。
当店人気ランキング』を更新しました。
『おすすめレシピ』を更新しました。
   ○ めかぶクッキー
   ○ 糸切こんぶと切り干し大根の煮物
今月のコラム『とろろ昆布』を更新しました。


◆2018.2.26 新商品のお知らせ  NEW!!
 新商品を販売開始いたしました。
   ○ つぶ昆布 100g


◆2018.1.26 更新のお知らせ  NEW!!
今月の販売箇所』を更新しました。
当店人気ランキング』を更新しました。
『おすすめレシピ』を更新しました。
   ○ 糸切こんぶ入りしゃぶしゃぶ
   ○ わかめキムチスープ
今月のコラム『海苔の日』を更新しました。


今月の販売箇所 今月の販売箇所が表示されない場合は、コチラをクリックしてください。

今月の販売箇所が表示されない場合は、コチラをクリックしてください。

★こちらのお店でも光海藻の商品が購入できます

 

<帯広市>
 ・藤丸デパート (帯広市西2条南8丁目1)
  電話番号 0155-24-2101

 

<倶知安町>
 ・北海道うまいもの農園(倶知安店)
(虻田郡倶知安町高砂87-18 サングリン太陽園倶知安センター内)
  電話番号 0136-22-0020

 

<札幌市>
 ・フーズバラエティすぎはら (中央区宮の森一条9丁目3-13) NEW!!
  電話番号 011-642-7937

★こちらのお店でも光海藻の商品がお取り寄せできます

 

 

<札幌市>
 ・札幌中央区役所売店(1F) (中央区南3条西11丁目)
 ・札幌北区役所売店(1F) (北区24条西5丁目)
 ・札幌東区役所売店(東区民センター3F) (東区北11条東7丁目)
 ・札幌白石区役所売店(1F) (白石区本郷通り3丁目北1-1)
 ・札幌豊平区役所売店(3F) (豊平区平岸6条10丁目)
 ・札幌清田区役所売店(3F) (清田区平岡1条1丁目2)
 ・札幌南区役所売店(南区民センター1F) (南区真駒内幸町2丁目2-1)
 ・札幌西区役所売店(1F) (西区琴似2条7丁目1)

※開催時間は変更になる場合がございます。予めご了承下さい。
 詳しいお問い合わせはフリーダイヤルまたはIP電話にてお受けいたします。
 ・フリーダイヤル   0120-034303

 

今月のコラム

5月5日はわかめの日。


5月5日はわかめの日です。
日本わかめ協会は昭和58年(1983年)に「5月5日はわかめの日」と定め、以来この日を中心に周知とわかめの消費拡大キャンペーンを展開しています。

この時期はわかめの採取がひと段落し、美味しい新わかめが市場に出回ります。
また、同じ時期に旬を迎える筍とを取り合わせた季節感たっぷりの「若竹煮」のシーズンでもあります。
この時期に「わかめ」の良さをより知って頂きたい、と「5月5日はわかめの日」と定めました。

5月5日はこどもの日でもあることから、子供の成長や発育に必要なミネラルやカルシウムが豊富に含まれているわかめを食べてもらうようにとの願いも込められています。

わかめの名前の由来は「若い」という語と食用の海藻全般をあらわす「め」がひとつになってできたもので「若い(新しい)海藻」という意味だそうです。

北九州市にある和布刈(めかり)神社では、毎年旧正月の寅の刻(午前4時頃)に身を清めた神職が極寒の海に入ってわかめを刈る、和布刈神事(めかりしんじ)が行われています。

日本人のわかめの消費量は、年間で一人当たりおよそ250g。
海藻の中で最も多く食卓にのぼり、日本人の食生活の一端を担っています。

海藻には数千もの種類がありますが、世界中で海藻を食用として日常的に食べているのは、日本と韓国くらいだそうです。

大宝律令には租税としてわかめやテングサ、のりなど8種類の海藻が記されています。この時代、海藻類は上流階級の人たちの食べ物で、庶民の口には入らない高級食材だったようです。

近年話題のわかめに含まれるフコキサンチンは免疫力を高め、花粉症などのアレルギー症状を抑制する効果が期待できます。

5月5日には、美味しいおさしみわかめを食べてみませんか?

5月5日はわかめの日。

マイページへログイン 新規会員登録 お客様からのご感想 海藻レシピ
ランキング
1位
おさしみわかめ 300g

おさしみわかめ 300g
1,120円 (税込)


2位
なっと昆布 1瓶150g

なっと昆布 1瓶150g
540円 (税込)


3位
海藻サラダ 240g

海藻サラダ 240g
650円 (税込)


4位
冷凍もずくめかぶ

冷凍もずくめかぶ
1,080円 (税込)


5位
一味海苔 40g

一味海苔 40g
650円 (税込)

 

ページトップへ